環境方針

基本理念

環境にやさしい企業づくりで人類の持続的発展に寄与する

小松開発工業株式会社は、環境問題に対する自主的な取り組みと、その継続的改善を経営の重要課題の一つとして位置づけ、全ての事業活動を通じて、環境への影響に配慮し、その保全に努めることにより、持続的な発展が可能な社会づくりに貢献する。

基本方針

  1. 重点課題
    • 環境問題を安全衛生と共に当社の最重点課題と位置づける。
    • 環境改善が業務の効率化に繋がる活動を目指し、地球にやさしい事業活動を展開・推進する。
    • 環境と共生した物作りを追求し、社会に貢献する。
  2. 継続的改善
    • 環境目的・環境目標を、環境方針とともに年に1回見直すとともに、必要な場合には都度見直しを行うことにより、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進する。
    • 予防・改善を継続的に行う事により、環境パフォーマンスの継続的向上を推進する。
  3. 汚染の予防
    • 環境保全と汚染予防を意識した事業活動に取組む。
    • 限りある資源の節約と環境保護のため、資源・エネルギーの有効活動に取り組み、省資源・省エネルギー及び廃棄物の削減を推進する。
  4. 法的要求事項の順守
    • 環境に関わる法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守する。
    • 必要なものには自主基準値を設け、法令等の順守を確実にする。
  5. 環境方針の周知
    • 環境方針を文書化し、理解・契合活動を図る。
    • 環境方針を従業員に周知にするとともに、社内外に環境方針を公開する。

2013年 12月 代表取締役 小松直人